メタルノアソリッド5 グラワンズ・ネコズ

10猫、4フレブルにシュナウザー、
ジャックラッセルテリアの組み合わせ。
はちゃめちゃな家族の集まりです。 By のあまま
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
<< ファーミネーター(動画あり) | main | なおすんさんライブ。 >>
2匹の子猫の救出劇
夜勤中でした。

ツイッターで
「この人物には気をつけて」
というDM(メール)が来ました。

何かな?とそのツイートを追いかけていったら
茨城県古河市の市役所に子猫がいると。
そして時間がないと。

誰か助けてくれる人がいるのだったらそのまま流れを見て行こうと思ったのですが、
誰もいなさそう。
私が動くしかないか・・
でも夜勤明けなので一人で車を運転して行くには自信が無い。
誰か同乗してくれるだけでもいいからいない?
と、これまで島根から家族を迎えてくれたメンバーさんに声をかけました。

パズーとシータのママが仕事を休んでまで同乗してくれる事になり
夜勤明けで一緒に古河市まで車を走らせました。

茨城だからそんなに遠くないんじゃん?と思ってたのですが
考えは甘かった!
高速を走らせても3時間。
そしてその途中での珍道中。(いつもの事ですが・・

首都高には休憩する場所がないので東北道へ入ってすぐのPAで休憩。

お昼も近かったので「お腹空いたよ〜〜〜」と目についたのが
豚汁定食。
しかしすごいボリューム!
でもさすがの茨城!
納豆がしっかり付いてます。



た、食べ過ぎた〜〜〜〜!と重いお腹を抱えw運転再開。

それからもまだまだ遠い。

やっと着いた〜〜〜!と庁舎に入ると
「ここではなく少し離れた所になります」と地図を渡されました。

ただでさえ疲れていた私はどど〜〜っと疲れが出てしまいへろへろ・・
しかし!ここで負けてなるものか!と気持ちを入れ替え車を運転。

でも走らせても走らせても庁舎に着かない。
おかしい?本当?と不安をつのらせ走りました。

車を走らせ20分、やっと目的地へと着きました。

電話で前もって話をしていたので担当の方がすぐに出て来てくださり
子猫たちと会う事が出来ました。

しかし、正直、「この子たち以外に犬、猫がいたらどうする?」とドキドキでした。
だって、姿を見たら見捨てられませんよね・・

今回はこの2匹だけでした。







5匹いた子達は全て知り合いの方にもらわれて行ったとの事。



なので、変な人には渡っていません。

そして、古河市役所の担当の方もとても良い方でした。

その仕事をされている方はそれぞれだとは思いますが
誰だって好きで殺処分などしている訳ではないと思うのです。

保健所を始め、その担当の方を責めるのは間違っていると思います。

その担当の方は地元の保護団体の方とも連携を取っておられましたし
だけど、その保護団体もいっぱいいっぱいで、
今回の子はその保護団体さんも引き取る事が出来なかったのです。

責められなくてはいけないのは、その子たちを捨てた人。
そして、飼い犬、飼い猫が居なくなっても探そうともしない人たち。
猫が居なくなっても「猫は死ぬ姿を見られたくないからね」とかいう迷信を信じている方たちがまだ居る事が問題だと思います。

人の意識を変えない事には、この問題は空回りしているだけ。
だから毎年の殺処分数が減らないと思うのです。

時間はかかると思います。
小学生の時から動物を飼う事はどういう事かと言う事をきちんと教育し
安易に動物を飼うと言う事がどういう事になるかを教えて行くべきだと思います。
そして殺処分とはどういう事かと言う事も教えるべき。

自治体を責めるとしたらそこだと思います。
もっと地域の人たちの教育をしっかりしないと
今の動物問題は解決しないと思います。

「私は何も出来ない」

そう思っている方たち、やれる事あるではありませんか?
まわりの方に、殺処分とはこういう事なんだよと、
避妊、去勢の大切さを伝える事。
それだけでも十分ではありませんか?

一人でもその事に気がついてくれる事を期待します。

保健所を含め、役所の担当の方を責めるのはやめてください。
一生懸命頑張っておられます。
責めるべきは、私たちが選んだ役所の長、そしてそれを作っている自治体の教育姿勢です。


今日は昨日救出した2匹のうちの1匹が里親さんの所へと行きました。





幸せになってね。



アフィリエイト始めました。
 下のサイトから商品を買っていただくと、ほんの少しですが
ドリームロードに寄付金が入ります。 どうぞご協力お願い致します。
この商品以外でも、ここからサイトに入っていただき
別の商品を買っていただくだけでも大丈夫です。 どうぞよろしくお願い致します。
| noamama | - | comments(1) | trackbacks(0) |
茨城県在住のまめ (2014/12/04 12:02 AM)
いきなりコメント失礼します!ツイッターで保護活動をされていると伺いました。私は、殺処分が一番多いとされている茨城県に住んでいます。なにか少しでも私に出来ることがあればとメッセージを送った次第です。数ヶ月前に結婚をして退職をしていますので時間は多少融通がきくと思います。ただ、保護活動に興味はあるものの何をしていいかわからないといった状態です。東京も近いですので、もしかしたらちょっとでもお手伝いが出来るかもしれません。私に何か出来そうなことがありましたら、メールをいただければと思います。よろしくお願いします。









url: http://chienoa.jugem.jp/trackback/696